看護師の種類について ~ 今どきの看護師求人事情とは?

main_top_over_navi
main_top

看護師の種類について

看護師には、正看護師・准看護師と大きく分けて2種類あります。

正看護師は国家資格の免許になりますので、自分の判断で主体的に働くことができます。

准看護師は都道府県知事の免許になりますので、医師や正看護師の判断を仰いだ上で業務を行うことができます。

このような仕事に対するスタンスが違うため、お給料にももちろん差が出てきますので、看護師を生涯の仕事としてやっていきたい人は、遅かれ早かれ正看護師の資格を取得した方がよさそうですね。

また、近ごろでは正・准問わず取得できる認定看護師や専門・訪問・動物看護士といった特定の分野に特化した看護師資格も出てきているようです。

通常の正・准看護師とは違って5年ごとに更新が必要などの決まりはありますが、より専門的な看護師として活躍したい人には取得をおすすめしているクリニックも多いみたいですし、何より患者さんへ安心感を与えることにも繋がりますので、将来的には取るのが普通になってくるんでしょうね。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 今どきの看護師求人事情とは? All Rights Reserved.